正月にブクブクと太ってしまった体重を必死に戻すため、夜な夜な筋トレに勤しむ圭悟です。

20分くらいエアロビクスの真似事みたいなことをした後、腕立て伏せと腹筋を3セット限界までやっているんですが、果たしてどれほどの効果があるのか・・・未だ実感できないどころかバレンタインデーでさらに戻ったんじゃないか?と不安にもなっています。

多くの方が悩んでいると思われる体重。
その体重と腰痛との関係性について今日はお話したいと思います。

 

体重が増加すると腰痛になるってホント?

腰の重さ
はい、本当です。これは体重が増加することで腰などの筋肉の負担が増加し、疲労が蓄積し、痛みとして出るためです。
では太っている人はみんな腰痛かというとそうではありません。
体重の増加とともに骨格が出来上がっている人は筋肉も体重に応じて発達しているのでそこまで疲労が貯まらないからです。
よって当院では「短期間(1~2か月)に急激な体重の増減(3~5kg以上)があるか」を一つの要因として考えています。
増減としているのは、ダイエットなどによる急激な体重減少でも腰痛になる人がいらっしゃるからです。
体重が減っているのに腰痛?と一見に疑問に思うかもしれません。
しかし要因を考えてみると、
①ダイエットのための過剰な運動で貯まった筋肉の疲れが回復しきれず蓄積する
②食事制限で筋肉の疲労回復に必要な栄養素が欠乏する
③体重の変動により骨盤のバランスが崩れる
などの理由で腰痛になる方がいらっしゃるのです。

 

腰痛治療をすると体重が減るってホント?

腰の軽さ
これは人によってそういう人もいる、という回答が正しいですね。
ぴじょん治療院では骨盤調整してから体重が減った、という方が結構います。
ぽっこりお腹がなくなった、という人もいます。

これは、
①腰が軽くなったことで運動することが苦にならなくなった
②骨盤調整したことで腸の働きが活発になり、便通が良くなった
③下半身の血行、新陳代謝が良くなり基礎代謝が上がった
などが原因として考えられます。

特に②は顕著に効果が現れ、骨盤調整をすると腸の活動が活発になりお腹がグルグルと鳴ったりすることがあります。
そう考えると骨盤調整は便秘にも効果がある、ということですね。

年度末にさしかかり自分の身体の総決算をするいい機会かもしれません。
骨盤調整をしてフレッシュな気持ちで来年度を迎えてみませんか?

こちらの記事を読まれた方はぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください


野島圭悟

投稿者: