北国の妊婦さんは「つわり」や「むくみ」などの身体の内側からの変化の対応以外にも、
「雪道の転倒」や「冷え症」などの外的対処もしなければなりません。
2月のこの時期は1年で最も雪が多く、寒さも厳しい…。

2月に妊娠3ヶ月だった頃の私は、
周りに心配をかけないためにもほとんど外に出ず家でじーっとしていました。
大好きな「相棒」をシーズン1から観なおしてみたり、
母子手帳のカバーやベビー用品をアマゾンで延々と探してみたり。

それなりに楽しく過ごしていましたが、やっぱりお腹周りの変化が激しくなるにつれ、
『体力』が『楽しみ』についてゆけなくなったのを覚えています。

 

lgf01a201305211500

 

『妊娠中?身体がよくなること?なんもなかったな~』
…これは2人目を産んだ妹から言われた話です。
妊娠中身体を起こせない時期があり、救いを求めて電話したのですが見事に裏切られました(笑)
けれどこの言葉のおかげで「そういうものだ」と腹をくくってどんな不調にも耐えられました。

身体の変化は「赤ちゃん」ががんばっている証なのですが、
そんな風に思える心の余裕を作るためのお手伝いを、
ぴじょん治療院ができれば…と思っています。

ぴじょん治療院は口コミで来院される方がほとんどです。
「○○さんの奥さんがつらそうだからー」
「○○さんからここなら楽にしてもらえると聞いて…」
と、少ない情報を頼りに来てくださいます。

本当にありがたいです。

ですから、他では遠慮されてしまうことがある妊婦さんも
「ここなら」と、安心していらっしゃいます。

 

resize.php1

 

もちろん、お子さんの命が大事!というのは産科のお医者さまも考えていらっしゃいますので、
ご心配でしたら相談の上でいらして頂ければなお心強いと思います。

デリケートな時期ですので、妊娠周期やその日の体調を見ながら施術可能か判断します。
「押圧」中心のスペシャル施術で参りますので、予約の際には必ずご相談ください。

どんな施術を行うのかについては、以前のブログを参考にして頂ければと思います。

妊婦さん&子育てママ応援します!

お母さんの幸せを、赤ちゃんも望んでいると思いますので、
不安なことはぜひお電話でお問い合わせください。

こちらの記事を読まれた方はぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください


佐藤亜希子

投稿者: