先日、とうとう満60歳の誕生日を迎えました。
そうです。還暦です。

当日を迎える前週末、家族でお祝いの会を開いてくれて、ひとしきり感慨深いものがあったのですが、さらに当日普段から仲良くしている仲間が、十数人集ってくれて焼肉パーティと相成りました。

その後は友人のスナックで大カラオケ大会となり、しっかりお祝いをしてもらいました。

勿論2次会の途中からは何の会だったか皆が忘れてしまうほど全員ノリノリで、しっかりダシの役割は果たせたような気がします。
子供のころ、60歳という年齢は、すっかり老け込んだご隠居さんのイメージでした。

当時は普通の定年が55歳でしたので無理からぬことですが、今のご時世、周りの同世代の仲間を見てもそんな輩はおりません。

みんな「いい年こいて!」と思われるような行動派ばかりです。
自分はといえば仲間に負けないように気力、体力のバランスを心がけていますがなんといっても仕事に向かう緊張感がすべてを支えてくれている気がします。

幸い定年のない仕事ですので、今後もこの緊張感を大切にしていけたらと思っております。

今朝、当治療院のあるビル1階のスタバ前で可愛い柴犬に会いました。
「シバコ」7歳、メス。

飼い主の方が時々スタバでコーヒーを飲んでいるときに出っくわします。

以前飼っていた犬が他界して丸3年、チョット犬に「飢えて」おります。

dog

こちらの記事を読まれた方はぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください


野島擴策

投稿者: