腰痛でお悩みの方はお気軽にご連絡ください!

札幌大通りにあるぴじょん治療院ならあなたの腰痛を退治できます!

高気圧カプセル

疲れた身体を元気にリフレッシュ!
高気圧カプセルを是非体感してみてください。

ぴじょん治療院では、高気圧カプセル「Idea」を導入し、骨格骨盤調整と平行した治療をお勧めしています。

高気圧カプセルとは?

高気圧酸素カプセルは、カプセル内の気圧および酸素濃度を大気圧よりも高めることにより(1.3気圧)通常取り入れることができない溶解型酸素を増やし身体の隅々まで酸素を供給します。普通に呼吸しているだけではなかなか取り込めない、この溶解型酸素を取り込むことができるのが高気圧カプセルなのです。

高気圧カプセルで有名になったエピソード

2002年 日韓ワールドカップにてデビット・ベッカムが使用

デビッド・ベッカム(サッカーイングランド代表)が2002年W杯直前に骨折してしまい、出場は無理だと言われていました。
しかし、高気圧カプセルを骨折の治療に使って通常よりも早いスピードで骨折を治療することができました。
この復活劇が話題になり、高気圧カプセルのことを「ベッカムカプセル」と呼ばれるようになりました。

2006年 甲子園 駒大苫小牧 VS 早稲田実業 斎藤佑樹選手が使用

2006年の甲子園にて、北海道の代表である駒大苫小牧は早稲田実業と対戦しました。
そして長きにわたる激闘の末、残念ながら早稲田実業に敗れることとなりました。
延長15回で決着がつかず、翌日試合

効果について

 

ぴじょん治療院での導入

 

高気圧カプセル「Idea」の特徴

 

Copyright© ぴじょん治療院 , 2019 All Rights Reserved.