骨盤・骨格調整と整体専門のぴじょん治療院

骨格骨盤調整法とは?

骨格骨盤調整法とは?

骨格骨盤調整法とは?

五味雅吉先生という方が考案され、実施していた『骨盤調整法』という施術法があります。浪越式の指圧の技術に、五味雅吉先生が骨盤、骨格の調整を加味して独自に作り上げたものです。私は五味雅吉先生から直接指導を受け、さらにアレンジして治療の体系化を図ったものが『骨格骨盤調整法』です。

骨盤のズレ・背骨のゆがみを正して、腰痛を治す

くの字腰
私が実践している、この治療法の基礎的な理論を説明します。一つは、「腰痛の原因は仙腸関節の変位による」という考え方に基づいています。不動関節であるとされる仙腸関節が、実は可動し、左右どちらかの関節がズレたまま元に戻らず、バランスが崩れることによって、特定の筋肉に負荷がかかり、痛みが発するという考え方です。(これを、腰痛の「くの字の原因」と名付けています)

【くの字腰】
骨盤が変位して、左右どちらか一方の腰部が「くの字」の頂点になる。左右の足の長さが違う。

への字腰
もう一つ、私が「への字の原因」と名付けている考え方があります。これは、「腰仙関節」が変位して、上半身が骨盤にきちんと乗っていない状態のことです。
「くの字の原因」と「への字の原因」が重なったらどうなるでしょうか。臨床的に考えてみると、実はこの二つの要素が重なって症状がでてくるケースが非常に多くあります。
初めていらっしゃった際、お伺いすると病院や他で「骨盤が狂っている」とか、「背骨がねじれている」と言われたと記されることが驚くほど多いのです。

【への字腰】
上半身が骨盤にきちんと乗っていないため、上半身が前に傾く、または後ろに反るように傾く。

PAGETOP
Copyright © ぴじょん治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.