骨盤・骨格調整と整体専門のぴじょん治療院

腰痛の常識 ウソ?ホント?

腰痛の常識 ウソ?ホント?

腰痛の常識 ウソ?ホント?

腰痛についてのあなたの常識は、ほうんとうに間違っていないでしょうか?
なんとなく世間で「あたり前」だと思われていることが、実はぜんぜん違うということが、腰痛についてもあるのです。 日ごろ、なんとなく感じている素朴な疑問に施術師の立場から答えました。

O脚・X脚は、骨盤と関係があるってホント?

O脚・X脚は、骨盤と関係があるってホント?ホントです。どちらも骨盤と股関節に関係があります。O脚の人は股関節の大腿骨の出口が開いているのです。だからO脚の人は、きちんとした正座ができません。
股関節は骨盤の一部ですから、骨盤のゆがみを矯正すれば、結果的にO脚、X脚も治ります。
世間では、O脚だ、X脚だと不安をあおるような宣伝をしているのを見かけますが、要は身体のバランスが腰を中心にきちんと整っていれば問題ありません。取り立ててO脚、X脚と騒ぐことはありませんし、痛みがなく快適に過ごせて、本来のバランスが取れていればいいと思っています。

体重と腰痛は関係があるってホント?

体重と腰痛は関係があるってホント?体重と腰痛は関係があります。腰痛の人は痩せると楽になります。
反対に太るとつらくなるし、痛くなると痩せられなくなります。痛いから動きたくなくなる。動かないから筋肉がおとろえる、動かないから血行も良くならない。代謝が悪く痩せられない・・・・という悪循環にはまってしまうのです。
逆に、豊満な方が全員腰痛かというと、そうではありません。痩せていても腰痛の人もいますし、豊満な方の腰痛が太っているせいだとは言えないのです。ただ、もしも腰痛になってしまったら、太っている方が、痩せている方よりもつらい思いをします。これははっきりしています。

「ぎっくり腰」は繰り返すってホント?

「ぎっくり腰」は繰り返すってホント?多くの人が誤解していることに「ぎっくり腰」と「慢性腰痛症」があります。「ぎっくり腰」は、ぎくっとなるからぎっくり腰というのではありません。
「ぎっくり腰」の整形外科的な呼び名は「腰椎ねんざ」と言い、急性腰痛の代表的なもので、「魔女の一撃」といわれるような激しい痛みが伴います。

ただし、圧迫骨折や腰部の神経が損傷しても激しい痛みを伴うことがありますので「ぎっくり腰かな?」と思ったときは、軽く足をつねったりペン先などで刺激して、皮膚感覚があるかどうかを確認してください。万一、皮膚感覚がないようなら、神経がダメージを受けている恐れもありますので、そのような時は整形外科を受診した方がよいでしょう。

それに対して、繰り返し痛みが出るのは慢性腰痛症といって「ぎっくり腰」とは違います。
なぜ、繰り返し痛みが出るかというと、痛みの根本原因となっている、筋肉の過労を引き起こす骨盤の変位が改善されていないからです。ゆがんだ土台の上にいくら積み木を積み重ねても、安定させることができないように、変位した骨盤の上に不安定に乗った腰椎では、しっかりと身体を支えることができず、腰や背中の筋肉が疲労して痛みの発作を起こすのです。
安静にすることで疲労が回復し、痛みは一度収まりますが、根本の原因が解決されていないために、何度も何度も痛みが再発します。繰り返し痛みがあらわれるしつこい腰痛は、一度、土台(骨盤)からメンテナンスをし直すことで改善できます。

PAGETOP
Copyright © ぴじょん治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.